マリア様の思い出

「ごきげんよう」
 さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。
 マリア様のお庭に集う乙女達が、今日も天使のような無垢な笑顔で、
 背の高い門をくぐり抜けていく。
 汚れを知らない心身を包むのは、深い色の制服。
 スカートのプリーツは乱さないように、白いセーラーカラーは翻らせないように、
 ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。
 私立リリアン女学園。
 ここは乙女達の園。
福沢祐巳を見てる 長きにわたって見てる    
▼一番下へジャンプ

福沢祐巳を見てる

ツインテールで子狸顔。隠し事が出来ない百面相の女の子。
そんな福沢祐巳ちゃんが引き起こした出来事を語りましょう。
あと少し早く生まれて
ちょっとだけ違う山百合会のお話。
どう違うのか、詳しく語りましょう。
向こう側
珍しく乃梨子ちゃんと2人きりになった時のお話。
山百合会の一員となってそろそろ一年。
感傷に浸っていた祐巳ちゃんでしたが、ふとある事を思い出します。
それを聞いた乃梨子ちゃんの反応は…。
▲一番上へジャンプ ▼一番下へジャンプ

長きにわたって見てる

一言では語りきれない、長い時をかけて語られる物語。
何があってどうなったのか、じっくり語っていきましょう。
早生まれのマリア様がみてる
もし、祐巳ちゃんの学園が一つ上だったら。
もし、佐藤聖の妹で白薔薇の蕾だったら。
そんなIFの世界で始まる物語。
▲一番上へジャンプ
お帰りになるのですね。
私はいつもここから見守っています。
また気が向いた時にいらしてください。
ごきげんよう。
Html版ゆたか荘へ